ドル為替情報

日本円とアメリカドルの為替情報を中心に紹介している為替情報専門サイトです。ドルの歴史からここ最近の日本円とアメリカドルの為替相場まで詳しく知ることができます。
ドル為替情報>アメリカドルの硬貨について
スポンサードリンク


アメリカドルの硬貨について


アメリカドルの通貨には
1セント
5セント
10セント
25セント
50セント
100セント
の6種類、硬貨があります。

日本の円も1円・5円・10円・50円・100円・500円と6種類あるので硬貨の数はアメリカドルは日本の円と変わりません。

アメリカドルでは日本円のように植物のデザインでなく、歴史的に有名な人物がデザインとして利用されています。アメリカドルの硬貨と紙幣で使われている人物を見ていきましょう。

1セント硬貨にはアメリカ合衆国第16代大統領、エイブラハム・リンカーンのデザインに利用されています。南北戦争で勝利を収め、奴隷解放宣言をした人です。

5セント硬貨には、アメリカ合衆国第3代大統領を務めたトマス・ジェファーソンのデザインが利用されています。18世紀、イギリス(グレート・ブリテン王国)によって統治されていた13の植民地が、独立したことを宣言する文書であるアメリカ独立宣言を作った人の1人です。

10セント硬貨には、アメリカ合衆国第32代大統領を務めたフランクリン・ルーズベルトのデザインが利用されています。アメリカの経済が低迷した世界恐慌に対してニューディール政策と呼ばれる、政府による経済への介入により、アメリカ経済を回復させた大統領です。新聞などの公の機関にまで政治介入しました。政府や教会などの宗教家までが協力し国民が一致団結し経済の回復に努力しました。

25セント硬貨には、アメリカ合衆国の初代大統領のジョージ・ワシントンのデザインが利用されています。アメリカでは建国の父と呼ばれています。

50セント硬貨には、第35代アメリカ合衆国大統領ジョン・フィッツジェラルド・ケネディのデザインが利用されています。ジョン・フィッツジェラルド・ケネディは選挙で選ばれた大統領のうちで、最も若い大統領ですが、1963年にダラスで暗殺されてしまいました。このジョン・フィッツジェラルド・ケネディ暗殺したリー・ハーヴェイ・オズワルドもマフィアと警察幹部ともつながりのあるジャック・ルビーと呼ばれる人物によって射殺されました。アメリカ合衆国大統領ジョン・フィッツジェラルド・ケネディを暗殺した犯人まで殺されたため、この事件は迷宮入りとなってしまい今でも真相は謎のままです。

100セント硬貨には、サカジャウェアのデザインが利用されています。サカジャウェアのみアメリカドルの硬貨で唯一アメリカ合衆国ではありません。他の硬貨がすべて男の人なのに対して、100セント硬貨だけ女の人です。サカジャウェアはルイスとクラーク遠征隊で重要な役割を果たしたインディアンのショショーニ族の少女です。

スポンサードリンク